会社概要・沿革

ABOUT US

会社概要

会社名 堺アルミ株式会社(英語名 Sakai aluminium Corporation)
設立 2021年8月3日
代表者 代表取締役社長  細井 隆広
資本金 1億円 (2021年8月3日現在)
従業員 320名(2021年8月3日現在)
事業内容 アルミニウム板製品、アルミニウム箔製品、アルミニウム鋳塊の開発、設計、製造、販売
拠点

本社・堺工場

所在地

〒590-8576 大阪府堺市堺区海山町6丁224番地
072-225-2111

東京オフィス

所在地

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6 H1O日本橋小舟町6階
03-5843-6055

中国拠点

薩凱鋁業(南通)有限公司

所在地

江蘇省南通市経済技術開発区通旺路45
+86-513-8905-3953

沿革

1933年 1月 高田アルミニューム器具製作所の堺工場として操業を開始
-板から器物までの一貫生産体制できる- 当社の創業とする
1935年 12月 株式会社高田アルミニューム製作所設立
1939年 12月 圧延工場、溶解工場を増設
1954年 7月 溶解連続鋳造設備完成
9月 熱間圧延設備本格稼働
11月 箔圧延機(FM1)設置
-板・箔一貫圧延工場が完成-
1957年 1月 昭和アルミニウム株式会社に社名変更
1958年 3月 高純度箔の生産
-アルミニウム電解コンデンサ用箔事業-を開始
4月 箔仕上工場完成
1961年 7月 冷間圧延機(RM)稼働
11月 箔圧延機(FM3)稼働
1981年 8月 独自の高純度アルミニウムの精製法「コージュナル®」を開発、発表
1986年 1月 下地塗装ライン稼働
12月 コージュナル2号機稼働
1999年 10月 ISO9002認証取得(2003年11月にISO9001移行)
2000年 12月 高熱伝導高強度アルミニウム合金板ST60をFPD放熱板用途で本格的に販売開始
ベル型焼鈍炉導入開始
2001年 2月 ISO14001認証取得
3月 昭和電工株式会社と合併
2005年 12月 TPM優秀賞受賞
2008年 1月 コージュナル3号機稼働
2013年 6月 箔スリッター機(AH-5)稼働
9月 箔圧延機(FM2)稼働
10月 昭和電工アルミ(南通)有限公司(現:薩凱鋁業(南通)有限公司)操業開始
-中国市場向けアルミニウム電解コンデンサ用箔の現地生産・販売を実現ー
2014年 1月 箔スリッター機(S-5)稼働
4月 コージュナル4号機稼働
2019年 12月 昭和電工アルミ(南通)有限公司の生産能力を増強
2021年 8月 昭和電工株式会社のアルミ圧延品事業を分割、「堺アルミ株式会社」として新たに発足